よくある質問

光ホームについて

車で来店した場合、駐車場はありますか?

敷地内にございます。来店時にお申し付けください。

仕事の関係でどうしても深夜・早朝に案内してほしいのですが可能ですか?

はい。事前にご予約していただければ、営業時間外のご連絡やご案内にも対応いたします。

学生向け物件はありますか?

はい。2月、3月が多いですが、他シーズンでもOK! 学生割引も多数あります。

契約・お金に関することについて

初めどれくらいかかるの?

初期費用として必要なのは、保証金(敷金・礼金・入会金)・仲介手数料・日割家賃・前家賃(共益費含む)・火災保険料+α。気になるお部屋が見つかったら初期費用を計算してもらいましょう。

⇒ 契約金計算シュミレーションはこちらから

払える家賃、生活費の目安って、いくらくらいですが?

払える家賃の目安は、ボーナスなんかの臨時収入なしで、月収の3分の1が目安です。
毎月かかる費用は自分できっちり把握して家賃を計算しましょう。

解約はいつでもできますか?その方法は?

契約期間の途中でも解約はできますが、解約予告の定めがある契約がほとんどですので、予告期間(1ヶ月前通知が多いです)を守り、不動産会社までご連絡ください。退去予告後に退去日を変更することはできません。尚、家賃は退去する月までお支払いいただきます。

特優賃ってなんですか?

正確には、特定優良賃貸住宅といって、公的機関により特別に家賃や保証金を軽減されたお部屋のことです。
敷金3ヵ月で入れたり、収入に応じて家賃が軽減されるものもあります。公社のお部屋なんかがそれにあたります。

保証金の分割ってできますか?

ほとんどの場合、家主さんに対して保証金の分割はできません。

ただ、間にローン会社を挟むなどして保証金の分割払いを可能にしている不動産会社はあります。

火災保険って入らないとダメですか?

最近では、火災保険に入ることが条件の部屋も増えてきました。保険の内容は、火事を出した場合や水漏れをした場合に補償してくれるものなどです。もし被害を出してしまった場合、自分の家具はもちろん、建物全体の損害賠償をすることを考えると 加入しておくことをお勧めします。

入居審査って何をするの?

入居審査は、入居申込書の内容をもとに、管理会社又は家主さんが入居者の情報確認をするものです。確認の内容として、申込書が正確か、借りる人がちゃんと家賃を払えるかなどです。

支払いにクレジットカードは使えますか?

光ホームの仲介手数料のお支払いはクレジットカードがご利用できます。

ただし、一部の物件を除く

契約の時、必要な書類ってなんですか?

本人用と連帯保証人用の書類が必要です。

本人用は、本人の「1.印鑑、2.印鑑証明書、3.住民票、4.収入を証明できる書類、5.その他(写真が必要な場合も)」

連帯保証人用は、連帯保証人の「1.印鑑証明書、2.住民票、3.収入を証明できる書類」です。

住民票・印鑑証明書は、市区町村の役所で取得できますし、収入を証明できる書類は、源泉徴収票、納税証明書などです。

⇒ 契約時に必要なもの例はこちらから

申込時に必要なものはなんですか?

入居申込書を記入するときの本人・保証人の情報。家賃1ヶ月分程度のお申込金。物件によっては免許証・パスポートなど身分を証明できるものが必要です。

⇒ 契約時に必要なもの例はこちらから

敷金・敷引きと敷金・礼金の違いってなんですか?

敷引きとは、退去時に敷金の中から敷引きを差し引いた額が返還される金額です。つまり、最初に必要なお金は敷金の額で考えることができます。

礼金とは、大家さんの取り分を記載しているので敷金(預り金)+礼金と考え、返還される額は敷金そのままの金額です。

つまり、最初に必要なお金は敷金と礼金を合算した金額が必要となります

礼金のシステムの場合、実費精算となっていれば「敷金-原状回復費用=返還金」となるので要確認。

共益費や管理費は値下げしてくれるの?

安くなりません。共益費や管理費は建物の共用部分を入居者全員が負担しているため特別扱いというわけにはいきません。

保証会社ってなんですか?

保証会社とは、連帯保証人を立てられない人や、立てたくない人などのために、保証会社自身が連帯保証人となってくれる会社をさします。

ここ10年程で急速に契約者数を拡大させ、現在は異業種からの参入も含めて様々な会社が行っているサービスです。

では、保証会社を利用する場合の特徴を見てみましょう。

メリット

・保証人を誰かに頼む必要がない。

デメリット

・1年毎か2年毎に更新料として1万円程度が必要な場合がほとんど。

・督促が厳しいことがある。(各保証会社によって異なります。)

・月額家賃の30%~100%程度が初期費用として必要。

概ね以上のようになります。
明らかにデメリットの方が多いですね。
しかし一見よくないのかなとも思えますが、連帯保証人になってもらう対価として考えたら、経済的ともいえます。

よく「連帯保証人だけは引き受けるな」と聞きますが、親族を除けば連帯保証人にはそれぐらいなかなかなってもらえないものなのです。

それほどまでに引き受けてもらえない連帯保証人を引き受けてくれている、そういった意味ではメリットの部分の「価値」が大きく、単純にメリット・デメリットの数だけで比較するわけにはいかないでしょう。

もちろんどこに価値を見出すかは人それぞれ。親御さんが健在であればわざわざ保証会社を利用する必要もありませんが、誰にも頼めない・頼みたくない人にとってはかけがえのないほど価値がある場合もあるでしょう。なにしろ住む場所にかかわる大事なことですものね。実際にこのような理由で毎年保証会社の契約件数は伸びる一方です。

そのような観点からみると、人にもよりますが、十分経済的で利用価値があると言っても差し支えないのではないでしょうか。

連帯保証人って何ですか?

連帯保証人は、借りる本人の身元を保証し、家賃滞納などした場合にそのお金を肩代わりする人のことです。可能であれば、保証人は親族が望ましいでしょう。

家賃や敷金は値下げしてくれるの?

値下げしてくれるかどうかはわかりませんが、4・5月のシーズンが終わった時期や、なかなか借り手がつかないお部屋などについては、何かと不動産会社が交渉にのってくれる可能性はあります。

申込金と手付金ってどう違うの?

申込金から手付金に変わる時期とは、契約の相手方(大家さん)が契約の履行に着手した時期です。履行の着手とは、入居希望者(あなた)が相手方(大家さん)に申込金を預けて入居申込みをした時点で契約の申し出があったものとみなし、相手方(大家さん)は入居審査を完了したときに履行の着手があったものと解釈します(契約の成立)。

契約成立時から契約に向かって相手方が行動を起こしているとき(入居の審査を完了した時点)、それ以後のキャンセルは、入居希望者は手付金の放棄、大家さんは手付金の倍返しにより契約を解除することができます。

不動産会社に部屋を案内してもらうのに、お金ってかかりますか?

かかりません。不動産会社にお部屋の案内してもらう分には、無料です。お客様のご希望に合った部屋探しのサポートをします。

お部屋探しについて

下見ってどこを見たらいいの?

下見で、チェックすることは建物の雰囲気・水道の出具合などの間取り図面ではわからないことです。水道の水を出してみたり、窓を開けてみるなどして、目だけではなく、手も使って、チェックしましょう。

室内では

玄関・・・玄関の広さ、奥行き、靴箱の有無

浴室・・・広さ、設備(追焚き・シャワーなど使ってみる)

洗面・・・収納スペース・機能、洗濯機置場の有無

トイレ・・・幅や奥行き、備品置場のチェック

キッチン・・・シンクの大きさ、コンロ、冷蔵庫置場のスペース、収納棚のチェック

洋室・・・床の素材(フローリング・クッションフロア・カーペット等)、
            コンセントの位置や数を確認、テレビアンテナの接続口、エアコンの取付け位置、
            天井の高さ、ドアの開閉がスムーズか、照明の位置

和室・・・畳の大きさ、照明の位置

収納・・・奥行き・高さ、荷物に対して十分なスペースがあるか

周辺環境では

・自分の足・自転車での最寄り駅までの時間・道のり

・最寄り駅からお部屋までに危険な場所はないか

・通勤・通学に利用する電車・バスの本数と所要時間(終電、終バスの確認)

・駅周辺の駐車場・駐輪場

・スーパー、コンビニ、役所、郵便局などの位置や有無

物件見学のポイントについてはこちら

ペット可物件のペットの種類って何でもOKなんですか?

何でもOKというわけではありません。小型犬のみ可もあれば、犬猫可もあります。家主さんの意向ですので、事前にその物件に対して条件の確認をとる必要があります。

不動産会社に行ってする事ってなんですか?

だいたいの流れといたしましては

  1. アンケートの記入・・・希望家賃・希望間取・必要な条件を記入します。
  2. ヒアリング・・・具体的に条件を聞かれます。
  3. 部屋の紹介・・・該当するお部屋の資料を見せてもらいます。
  4. 部屋の案内・・・気に入った部屋を案内してもらいます。
  5. 部屋の申込・・・気に入れば入居申込をします。

といった感じとなっております。

不動産会社に持って行く物は?

基本的に手ぶらで行ってもかまわないですが、下見に行くつもりならば、デジカメ(もしくは写真付携帯)とメジャーを持って行くと良いでしょう。最初のほうに見た物件の印象を画像に残しておけば、次の物件を見に行った時に参考になるのでお勧めします。

その日に契約するつもりであれば、申込金になるお金(家賃の1ヵ月分程度)も持っていきましょう。

物件見学のポイントについてはこちら

どの不動産会社に行けばいいですか?

あらかじめ情報誌やインターネットを見て住みたい物件が決まっていれば、その部屋を紹介してくれる不動産会社ですが、まだ考え中であれば、住みたい地域の不動産会社に行きましょう。

地元のことは、地元の不動産会社で、住まいのことだけでなく住環境のことや近くのお店のことなど色々教えてくれますよ。

不動産会社には何時頃行けばいいんですか?

その日のうちに決めたいのなら、できるだけ早めに行きましょう。遅くても午後3時くらいまでに。下見をするのも明るい内の方がいいですし、夕方に行くと、カギの手配の都合で「部屋の下見は後日に」という事にもなりますから。

ペットを飼うと条件が上がると言われたのですが?

大家さんの意向でペットによる傷・汚れについて敷金や礼金を多く預かる、又は、家賃を値上げするといった方法で退去時のリフォーム代を捻出する目的でペットの飼育を了承するといった物件もあります。

賃貸物件はペットが飼える物件が少ないと聞いたのですが?

残念ながら少ないです。その中でも探すのが難しいといわれるのはネコが飼える物件です。 隣のベランダに侵入してみたり、柱に爪とぎをしてしまったりなど、問題が起きやすい動物だと大家さんが敬遠してしまうのが実情です。物件の選択肢はかなり狭まりますが、大切なパートナーのために根気よく納得のいく物件探しをしましょう。

㎡数で記載されても大きさがわかりません

1K・1R(6帖 ~ 7帖)だと約18 ~ 21㎡くらいが基本の大きさとなります。1LDK・2DKだと40㎡あたりが人気ですね。2LDKになると約50㎡くらいはほしいでしょうか。しかし、これらはあくまでも参考程度に見ておいてください。

間取りを見るだけじゃ物件をイメージできないのですが?

気になる物件があるのであれば、不動産屋さんに行って内覧をお願いしましょう。 実際に内覧するのと間取りだけを見るのでは、得ることができる情報量は全然違います。

物件見学のポイントについてはこちらから

物件を探す条件ってどう決めればいいの?

まず入居人数はすぐ決まりますよね。次に、ここは絶対に外せないといった条件(ペットOKな物件、セパレート、日当り等)を書き出してみましょう。そして場所、間取り、家賃はあまりがっちりと限定しない方がいいでしょう。 いい物件にめぐり合うには、幅をもたせて色々な物件を紹介してもらう事が最良の近道です。 それに、物件を内覧するうちに条件は自然と固まってくるものですから。

ワンルームに二人で住めますか?

原則、ワンルームや1Kなどは一人で住むことになっています。あとで、複数で住んでいることがわかると、契約違反により退去をしなくてはならなくなるかもしれません。二人以上で住むことが条件で探すなら、その目的をしっかり伝えて、二人以上で住めるお部屋を探しましょう。

お得なシーズン、借りどきってありますか?

探す間取りによってシーズンに少しずれがありますね。当然引越しシーズンの1~3月、9月、10月はお部屋の数も少なくなりがちです。新婚さんの新生活スタート時期は6月に多いためファミリー物件が少ないのがこの時期。これらのシーズンを外した時期が案外狙い目かもしれません。

構造って、何か特徴があるの?

マンションに住むのなら、構造はSRC造・RC造・SALC造のいずれかでしょう。SRC(鉄骨鉄筋コンクリート造)が耐震性・耐火性・遮音性に一番優れており、SRC→RC(鉄筋コンクリート)→SALC(鉄骨軽量気泡コンクリート造)の順で強度性に優れています。

ハイツに住むのなら、構造はS造・木造のどちらかでしょう。S造は一般にプレハブ造りのもの、木造はツーバイフォーまたは、木造プレハブといったもの、大手のプレハブメーカーが作っているものといったらイメージが一層わくかもしれません。

周辺環境にもよりますが、構造を考える上で音漏れの問題をまず考えるのがいいでしょう。

お得な賃貸物件ってありますか?

各市区町村によっては、家賃・敷金補助制度を設けています。特優賃や大阪市の家賃補助制度などです。

分譲貸しって、イイの?

分譲貸しは、分譲マンションで売り出したものを賃貸用として貸しているものです。一般的には、賃貸マンションよりも分譲マンションの方が構造・設備が優れているので、良しとされます。

また、4LDKやルーフバルコニー付きのマンションのように、賃貸ではめずらしい広さのものや特徴のあるマンションが見つかったりします。

階数や場所で家賃が変わるってホント?

はい、ホントです。 まずは階数、普通、1階が一番安く、あとは一・二階上がるごとに千円単位で高くなります。 次は、場所。端部屋や角部屋は、両隣に部屋がある部屋よりも静かですよね。なので、家賃が高くなります。 ただし、部屋によってはエレベーターがないために、上の階が安かったりする場合もあります。

同じマンション同じ階なのに家賃に差があるのですが?

その物件が分譲賃貸の場合、1部屋ごとに大家さんが別なため家賃設定も 一定ではありません
良心的な大家さんなら相場より数千円も安いなんて掘り出し物の物件が見つかるかも?!

フリーターでもお部屋は借りれますか?

一定の収入があることを証明できたり、しっかりとした保証人をつけられれば、 借りることができます
ちなみに無職の人でも、就職がきまっている場合は内定通知書があればOKな場合が多いですよ。