物件見学のポイント

物件見学のポイント

物件見学をすることにより、図面ではわからない物件の傷みや構造・建物の安全性、駅までのアクセス、公共施設・利便施設の有無等の周辺環境を確認することができます。

Q. 物件見学の際に必要なものは何だろう?

お答えします

室内の採寸をするためのメジャーや、現地で確認したことを書き留めるための、筆記用具は必携です。

デジタルカメラで室内や建物周辺の撮影をしておけば、後で見直したり物件を比較する際役立ちます。

Q. 物件見学では、具体的にどんなことをするのでしょうか?

お答えします

物件資料だけではわからない、日当たりや眺望、キッチンの収納や水回りなどの状態をご確認いただけます。

新居に搬入する大型家具や家電がある場合には、事前に寸法を測り、設置が可能かどうか、また、搬入経路に問題がないかもご確認いただくことを、おすすめ致します。

室内だけでなく、物件の供用部分や最寄駅からの道のり、周辺環境も大切なチェックポイントになります。

Q. 物件見学をするなら、何時くらいが良いでしょうか?

お答えします

室内には照明器具がない場合もあるため、明るい時間帯に物件をご覧になり、
室内や日当たりをご確認ください。

物件見学は移動時間を含めると1件に1時間程度かかることもあります。

1日 3~4件を目安に、午前中からのスタートが良いでしょう

物件見学チェックポイントまとめ

立地 駅までルート買い物エリアはあるか隣近所は大通り沿い住宅街繁華街商店街緑のある地域
共有
部分
駐車場・駐輪場エントランス有・無集合ポスト階段・廊下ゴミ集積所ベランダセキュリティ変なものは落ちてないか
室内 インターホンくつ箱内装の傷・汚れ日当たり(時間帯)風通し家具家電スペース照明収納洗面台キッチンコンロコンセント電気アンペア携帯の電波ネット環境
周辺
環境
閑静な住宅街にぎやか通勤通学ルート夜と昼の違い病院や郵便局飲食店など自分にとって必要な施設はどこか